So-net無料ブログ作成
検索選択
催事・行事告知 ブログトップ

【速報】「京都のクマ問題を考える」シンポジウム(3/2京都)のお知らせ [催事・行事告知]

>JECONET の皆様へ
>
>田中和博@京都府立大学です。
>
>「京都のクマ問題を考える」シンポジウム(3/2)の速報版を
>お知らせいたします。
>
>============  転載歓迎  ===============
>
>  平成19年度 京都府立大学ACTR研究報告 公開シンポジウム
>
>テーマ: 京都のクマ問題を考える(仮) 〜 現場からの報告 〜
>
>日 時: 平成20年3月2日(日)13時30分〜16時50分
>
>場 所: 京都府立大学 合同講義棟3F 第3講義室
>
>内 容: 京都府立大学ではACTR(地域貢献型研究)として、
>     『京都府自然環境情報システム』の開発を進めてきましたが、
>     2007年10月より『ツキノワグマ版』が、
>     京都府農林水産部森林保全課の実務で使われ始め、
>     ツキノワグマの目撃情報等が
>     インターネットを利用して収集されています。
>     その結果、ツキノワグマが京都府内の各地で出没している実態が
>     明らかになりつつあります。
>     本シンポジウムでは、
>     京都府内の山林の実情に詳しい主原憲司氏をお招きし
>     基調報告をしていただき、
>     京都府の森林の現状とクマ問題との関係について
>     考えていきたいと思います。
>     
>     詳細については、後日、お知らせいたします。
>     取り急ぎ、ご案内申し上げます。
>
>===================================
>             田 中 和 博
>
> 606−8522 京都市左京区下鴨半木町1−5
>          京都府立大学大学院 農学研究科 森林計画学研究室
>
>   電話&FAX 075−703−5629
>   電子メール  tanakazu@kpu.ac.jp
>===================================
>
>


コメント(0) 
共通テーマ:moblog

京都ー自然保護講演会(12月22日 土) [催事・行事告知]

Jeconet のMLよりの情報を転載します。

関西自然保護機構、まだ続いていたの知らなかった。
京大から自然史博物館→琵琶湖博物館のN谷さんには、運動当初
積極的に活動してもらい、市にも一緒に出向いて訴えてもらったこともある。

生の吉良竜夫先生に会える貴重な機会です。ぜひご参加ください。
自分もでかけたいのはやまやまですが・・・・・

関西自然保護機構、まだ続いていたんですね。知らなかった。
============================

関西自然保護機構(KONC)編集事務局の前迫と申します。

KONCでは、本会名誉会員・吉良竜夫先生(大阪市立大学名誉教授)と会長・千地
万造先生(元大阪市立自然史博物館館長)による記念講演会を、下記の通り、開催致
します。

会員以外の方のご来聴も歓迎いたします。是非ご来場下さいますようご案内申し上げ
ます(入場無料。事前の申込みは不要ですので直接会場へお越し下さい)。


◆KONC記念講演会のお知らせ


吉良竜夫氏(本会名誉会員)   「モンゴルの自然」

千地万造氏(本会会長)   「自然史(誌)系博物館と自然保護」


日時: 12月22日(土) 午後1時半~4時
会場:キャンパスプラザ京都 2F ホール(JR京都駅西へ徒歩5分) キャンパスプラ
ザ京都 
http://www.consortium.or.jp/campusplaza/
主催:関西自然保護機構 http://www.konc.org/ 


-----------------------------------
前 迫  ゆ り    MAESAKO, Yuri 
大阪産業大学大学院人間環境学研究科
〒574-8530 大阪府大東市中垣内3-1-1
TEL   072-875-3001
FAX   072-871-1259


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

12/8ボランティア募集ー琵琶湖にて [催事・行事告知]

jeconet MLからの転載です。

以下引用
~~~~~~~~~~~~~
皆様

下記の通り、琵琶湖での特定外来生物ミズヒマワリ駆除の
ボランティアを募集します。駆除イベントの実施要領は下記の通りです。
転送を歓迎いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------

環境省特定外来生物ミズヒマワリ駆除ボランティア大募集!

近年、琵琶湖には多くの外来生物が侵入して急激に分布を拡大させ、在来の
生き物たちの生活を脅かして、琵琶湖固有の生態系に深刻な影響を与えてい
ます。ミズヒマワリ(環境省指定の特定外来生物)は、今年初めて琵琶湖への
侵入が確認された南米原産の水辺の植物ですが、オーストラリアなどでは急
激に大繁殖して在来の水生生物相や漁業に極めて深刻な影響を与えています。
そこで、このミズヒマワリの分布拡大を防ぐため、11月11日に、現在琵琶湖に
生育する個体の約20%を駆除しましたが、さらなる駆除をめざして、再駆除作
業を実施します!多くの皆様の参加をお待ちしています!

< 実 施 日 > 2007年12月8日(土)小雨決行
<集合時刻・場所> 午前9:15 草津市矢橋 矢橋大橋(帰帆島に渡る橋)東詰

※バス利用の方はJR南草津駅から以下の便にご乗車下さい。矢橋バス停まで
お出迎えします。
近江バス-JR南草津駅西口(びわ湖側)9:00発-矢橋循環線 矢橋バス停9:09着

< 作業予定 > 午前9:15~午後4:00
< 作業内容 > 水辺でのミズヒマワリの人力駆除作業
< 持 ち 物 > 長靴(できれば胴長靴)・ゴム手袋(袖口が汚れやすいので、長い
ものが良い)・雨合羽(汚れ防止に有効)・防寒具・タオル・弁当・飲み物など

※水辺での作業は多少の危険を伴いますが、事故の場合の責任は負いかねます。

<呼びかけ人> 野間直彦・浜端悦治(滋賀県立大学)・佐々木寧(埼玉大学)
           藤井伸二(人間環境大学)・志賀 隆(大阪市立自然史博物館)


<協   力> びわ湖自然環境ネットワーク(Friends of Lake Biwa)

<問合せ先> E-mail: noma@ses.usp.ac.jp   Fax: 0749-28-8461
              Phone: 0749-28-8301 (滋賀県立大学環境科学部事務室)

<当日の問合せ>大雨で中止する場合は、0749-28-8303の留守番電話で「中止」
をお知らせします!

------------------------------------------------------------

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
金子有子 Yuko Kaneko  D. Sc.
滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
http://www.lberi.jp/root/jp/bkjhindex.htm
〒520-0022 大津市柳が崎5-34
Tel: 077-526-4588
Fax: 077-526-4803
E-mail: kaneko-y@lberi.jp
=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上引用終わり 


 


コメント(0) 
共通テーマ:旅行
催事・行事告知 ブログトップ