So-net無料ブログ作成
検索選択
本 映像 音楽 ブログトップ

最近読んだ本 [本 映像 音楽]

『地球のゆくえ』1994 広瀬 隆 集英社

『パンドラの箱の悪魔』1999 広瀬 隆 NHK出版

どちらも古書で105円で購入

パックスアメリカーナと言われソ連崩壊後完成しつつあると思われた世界支配が、また今自壊しようとしている。

しかし、そのアメリカもヨーロッパも新生ロシアも独裁資本主義中国をも一握りのユダヤ教系の人々が動かしている、という。彼らは超富裕金融資本家で国籍を超越して活動している。

だから金のためなら全世界の市民を犠牲にすることを躊躇わない。

日本はアメリカの傀儡と言われるがアメリカもまた彼らの傀儡なのだ。

彼らはユダヤ人の誇りとユダヤ教の信仰で結ばれながら金のためなら異教徒とも血縁を結び、同朋を裏切ることもする。ヒトラーの財政を支えもしたのだ。

金で愛も買えるじゃないか、と被告人ホリエ君は言ったらしいが末端の子分みたいなものだろう。
広瀬隆という超一流のジャーナリストは名前は知っていたが何故か接点がなく今日まで学ぶことがなかった。早く知ることができなかったのが悔やまれる。


コメント(0) 
共通テーマ:moblog

池沢夏樹 世界文学全集 [本 映像 音楽]

池沢さん個人編集なる全集が出されるようです。面白い試み。着想と視点が良い?
といいながら今ひとつ文章が馴染まない方で雑誌記事くらいしか読んでない作家さんですが。
http://www.kawade.co.jp/sekaibungaku/

内容は以下のブログにも紹介でてます。全くといって読んでない作家ばかり・・・
http://hon-yomi-hp.seesaa.net/article/41783225.html

池澤さんのHPは以下
http://www.impala.jp/news/index.html


コメント(0) 
共通テーマ:

最近読んだ本 面白さ5点評価 [本 映像 音楽]

3月 
『ザ・勝負』 清水義範 2 
『ぼくたち、Hを勉強してます』 鹿島茂 井上章一 3  
『ツチヤ学部長の弁明』 土屋賢二 4
『夜と女と毛沢東』 吉本隆明 辺見庸 4
『荒俣宏 文明移動説ーフェイク・アース・トラベラー』 5
4月
『反日的日本人の思想―国民を誤導した12人への告発状』 谷沢 永一 5
『カネに死ぬな掟に生きろ』 宮崎学 4
『男と女、二つの”性”がある理由 長谷川真理子 奥本大三郎 5
『未来への記憶』 梁 石日 4
『ニッポンを解剖するー養老孟司対談集 』 4
『ベニシアのハーブ便りー京都・大原の古民家暮らし 4 未通読
『キッチンガーデン熱』 宇土巻子 5
『破”流知庵(ばるちあん)だより』 かつみゆきお 自費寄贈冊子 http://www.kinoshigoto.com
5月
『9・11テロ捏造-日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ』  5
『何故日本は没落するか』 森嶋通夫 5
『新円切替』ー国家破産で円が紙くずとなる日』 藤井厳喜 4
『突破者ー戦後史の陰を駆け抜けた五〇年』 宮崎学 5 未通読
『ユダヤ・キリスト教「世界支配」のカラクリ』 5

(この項書きかけ) byやまうるし


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2001・9・11テロは捏造だった。 [本 映像 音楽]

『9・11 テロ捏造 日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ』 ベンジャミン・フルフォード著 を読む。
今までの報道から、自分の判断としては、敢えてテロリストを泳がせて、戦争をしかける口実としたのでは、と判断していた。それだけでもそうとう酷いと思っていたが、どうもこれを読むと、それ以上であるのは確かに思われる。以下のリンクをぜひ参照されたい。911 ボーイングを捜せhttp://www.wa3w.com/911/
きくちゆみのブログとポッドキャスト http://kikuchiyumi.blogspot.com/
Benjamin Fulford(著者のサイト)http://benjaminfulford.com/index.html

同じく著者の今年に入ってからの新著
『ユダヤ・キリスト教「世界支配」のカラクリ』 適菜収 と共著を読むと上記のバックボーンとなる流れがわかる。

そもそもこの著者の本を読むようになったのは、たまたま近所の古本やで『まんが 八百長経済大国の最後』 光文社ペーパーバックス2004年、 を手にとったのがきっかけ。この本では政・官・業・ヤクザの癒着による日本の乱脈過剰発行国債により破綻するという警告だが、中で小泉純一郎を激しく断罪している。小泉は慶大で2浪2留で3度目の留年の時婦女暴行で神奈川県警に逮捕、父小泉純也防衛庁長官がもみ消しロンドンへ留学脱出させる。が英語ができないため入学できず、一般公開された講義を聴講したのみ。2年間でとった単位なし。
私はかねてより、小泉は殺人犯だとおもっている。弱い国民に一方的犠牲を強いたからである。

この項続く。by やまうるし


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

 [本 映像 音楽]

当市の図書館では一度に5冊2週間借りられる。
以前は3冊で3週間だったような記憶があるが勘違いかも。
『反日的日本人の思想』ー国民を誤導した12人への告発状 谷沢永一  『カネに死ぬな掟に生きろ』宮崎学 をざっと読む。二人とも元共産党員だったというのが面白い。
自分はどちらかというと親ソで更に親文革的でもあったが、それは表に伝わってくる情報からできた心象で、論難されている進歩的知識人の影響下にあった訳でもない。
自分はさらに言えば保守的な心情の持ち主みたいだし、高校時代にはお前はただ支離滅裂だけど、とにかく何か主張してるだけが取り柄だと、言われたことがあるけど、それって誉められたの?

谷沢本もソ連の崩壊後に書かれていて、水に落ちた犬を叩く、的で今更な感じもする。ただ、私が探していた「心ここにあらざればみれどもみえず、聴けども聞こえず」の出典が『大学』第三段という記述あり、これは収穫。宮崎本では市民運動もくそみそだ。彼のいう掟という社会の別なルールでの生き方指南書だが、しばしば出てくる動物モデルの理解が浅薄なのはしらける。


コメント(1) 
共通テーマ:旅行
本 映像 音楽 ブログトップ