So-net無料ブログ作成
検索選択
山 登山 ブログトップ

山と人の縁:記事転載 梅里雪山遭難と留学生と友人 [山 登山]

共同運行の管理人の一人のやまならしさんから、記事のことを知らせてもらいました。彼の高校の後輩がこの山で遭難しているのだそうです。そして、記事の中にでてくる、チベットの村を訪ねるかつての山仲間のKさん(記事読めばわかるけど)はわたしたちの共通の友人(畏友です)でもあります。

以下引用


梅里雪山遭難、留学の懸け橋 


「日本と雲南をつなげることができたら」と夢を語るペマツォモさん(左から2人目)=京都市上京区 京都大学士山岳会を中心とする日中合同登山隊17人が遭難した中国・雲南省の梅里雪山(6740メートル)のふもとの明永村から、チベット人女性ペマツォモさん(24)が同志社大(京都市上京区)に留学している。隊員の遺体捜索に村人が協力したお礼にと、山岳会員有志が学費などを負担した。ペマさんとの出会いをきっかけに、登山隊長と親友だった男性が今月中旬、初めて村を訪ねる。

 1991年1月の遭難事故で、17人は標高約5100メートル地点で雪崩に巻き込まれて消息を絶った。日本の海外登山史上最悪の事故とも言われた。7年後に奇跡的に村の近くの氷河から10人が見つかった。会員で写真家の小林尚礼さん(42)=川崎市=が毎年村を拠点に捜索を続け、16人の遺体と多くの遺品が家族の元に返った。

 梅里雪山は村人にとって「神の山」。小林さんが村に通い始めた当初は「冒瀆(ぼうとく)した」と日本人への視線は冷たかったが、ペマさんの父親で村長のチャシさんが協力して捜索が進んだ。

 村人への感謝の気持ちを込め、有志がペマさんの留学援助を申し出た。昨年春からペマさんは社会学部で学んでいる。同大の寮で友人に囲まれ、「将来は日本と雲南をつなぐ仕事ができれば」と目標を語る。

 京大山岳部出身の北上田毅さん(65)=西京区=は知人を通じてペマさんと知り合い、20年間かなえられなかった願いを実現する。登山隊長だった故井上治郎さんの学生時代、部のリーダー・サブリーダーとしてコンビを組み、酒を酌み交わして山について語り合った。遭難後、親友が亡くなった地を訪ねたいと思っていたが、山から離れ機会に恵まれなかったという。

 村をペマさんに案内してもらう北上田さんは「ようやくあの山のそばに行ける」と話す。友が眠る山に手を合わせるつもりだという。

【 2011年03月08日 10時11分 】

http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20110308000033
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山に帰る [山 登山]

やまならし、さんがまた山に帰っていきました。おきばりやす。
http://www.enzanso.co.jp/ariake.htm

山には関西人や関西弁がけっこう流れています。

余談ですが
おととし所用で訪ねた巴里のショップでも大阪のおばはんが大きな声で値切ってましたワ
彼女達がいるところ世界中ここはどこ?の不思議に落としいれられます・・・・


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

そろそろ夏山シーズンですが。 [山 登山]

高い山の雪融けは例年より遅いところもあるようです。5月~6月にかけて涼しく、気象庁では原因にあげてないようですが、(ニュースで聞くかぎり)降雨量がすくないことも関係してると思います。

ところでこのブログをシェアしてる”やまならし”氏が今年も北アルプス燕岳の登山口、安曇野の中房の有明荘で仕事してます。ぜひ遊びに行ってやってください。トラックバックはしてないので、口頭でブログで見たと伝えて貰えれば何かサービスしてくれる?といいんですけどね。彼の働きぶりによるけどね。だいたい中年になると、口や頭で思ってるほど体が動かないもの。そのゾーン入りしてる当方も、日々そのギャップに悩まされてます。
http://www.enzanso.co.jp/ariake.htm


コメント(1) 
共通テーマ:旅行

瓜生山徘徊記 [山 登山]

帰り道には既に植物採取組は退散し堀跡は落葉できれいに隠されていた。裾野にあるゴルフ練習場のボールが支尾根の登山道まで何個か飛んで来ており投げ返そうとしてチェーンソーを持って径20�くらいの枯れた松を伐採している人影を見つけた。近づいて挨拶すると「こんなもんでええか?」。どうやら私をゴルフ場の人間と間違えたようだ。平日に山中をぶらついている中年男の存在など想像外だとしても不思議はない。切株を少し残す形で倒して先に枝を払ってから最後に株を完全に切断する。その方が作業がしやすい事を実際に見て納得しながら話を聞くなかで植木職人じゃなく"山師"だとわかり、その語句の魅力的な響きに私の琴線が若干震えた。個人二人で仕事しているらしくこのゴルフ場へは年に何日か来るという。74才だか元気な様子である。他にどんな仕事をしてるのですかと問うと「山の事なら何でもする」。高い所へも登るそうだ。しかし最近は木が売れないから山主も金がなくて仕事は少ないそうだ。北山の仕事はそんなにしてないような話で役所の仕事も回って来ぬような口ぶりだった。八丁平もいずれ多少の手入れは必要になるだろう
しさしあたっては倒木の処理だけでも…などの考えが私の頭をよぎった。山師はあんまり沢山いても仕事が無くなる。だが若い人のなり手は少ない。一見矛盾してるようだがこれが現状なのだ。20代の人も少しはいますか?そう問掛ける私に「20どころか50でもおらん。覚えるには50では遅いが…」と内心を見透かされたような答えが返ってきた。そんなやりとりの間に松は小さく輪切りにされて隅っこへ片付けられた。私は仕事を邪魔した詫と礼を言って小道を下った。あざ笑うようにイカルが高い声で鳴き、からかうようにリスが横切った。気がつけば昼休みの学生達で賑わうキャンパスの異空間に出て来ていた。


コメント(1) 
共通テーマ:moblog

危険箇所:再度指摘します [山 登山]

山渓2007.2,p41に奥多摩での滑落事故の事例が紹介されているが、八丁平の登山道に関しても、迂回した林道と俵坂の尾根が交わっている所は中断された登山道が法面上部の崖近くに付けられていて同様の事故が起きかねないので早急に崖から離して付け替えるべきだ。因みに既に幾人かの人は危険を感じて尾根寄りを歩いているらしく昨年歩いた際、踏み跡が少し出来ていた。


コメント(2) 
共通テーマ:moblog
山 登山 ブログトップ