So-net無料ブログ作成
検索選択

現地報告 2017.4.24

大原以北の道路沿いは、いろんな木が芽吹き、桜もまだ残る。百井は桜が見頃だ。ニノ谷11:10。晴天だが所々雲も。管理舎テラスの木材が新しくなっているが、水道は止まったままだ。雪は全く無い。
かつて群落状態だったフノ坂中部のイワウチワは全くなくなっている。
集水域へ入る。アオゲラの声がする。雪は無い。芽吹きは未だだが、稜線近くであちこちにタムシバが咲く。温度計のところのアセビが見頃である。看板が新しくなり、温度計は取り換え中のようで、なかった。
静かで誰にも出合わない。それにしても柵だらけになったものだ。食害防止のためには仕方ないのだが。大杉付近でシジュウカラの声が。ふと見ると枝に、まだ子供のようなのが1羽。あちこちで幼鳥を見かけたが、鳴き慣れていないのか声は一般的なツッツピー…ではなく、ジュジュビー…と濁る。スキー場跡のネットはまだ張られていない。冬季は下ろしているようだ。キンキマメザクラが咲いている。見頃は過ぎたようである。
クラガリ谷へ入る。小さめのシカ2頭が斜面を駆けていく。谷合いの一部に残雪があり、ヤマザクラの開花は未だだ。新心荘跡の南では、羽にスジのあるシメかと思われる鳥を見る。
行き掛けには気づかなかったが、フノ坂手前のキンキマメザクラは満開で逆光に照されていた。
林道を下る途中、水溜まりで、ゲコゲコとカエルの声がする。姿は見えなかったが、長い透明の腸のような管の中に、黒い点々の無数の卵が生んである。数メートルにも及ぶかと思われるものがカエルの身体から出てきたと思うと、生命の不思議を感じた。
再び歩き出すと、ケッケッと鳴くアカゲラの姿が。クロモジに似たカナクギノキは満開である。
(やまならし)
2017-04-24T23:23:42.jpg2017-04-24T23:23:42.jpg2017-04-24T23:23:42.jpg2017-04-24T23:23:42.jpg2017-04-24T23:23:42.jpg2017-04-24T23:23:42.jpg

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog