So-net無料ブログ作成
検索選択

現地報告 2016.5.3

ニノ谷から入る。ゲート前の桜が見頃。天気は下り坂の予報。涼しい強めの東風が吹く。新緑の木々の葉は開き、クロモジの花は終わっている。フノ坂から集水域へ。低木も殆どなく笹も無い中で、オオバアサガラ(とKさんから教えて貰った)の若木が沢山生えているが、それも次々とシカに喰われているようだ。シジュウカラに混じって、たまにウグイスやツツドリの声も。クラガリ谷のヤマザクラは既に終わる(4/23頃が見頃だったようだ)。尻に白いところがあるシカの子供2頭を見かける。入山者は数名のみ。探鳥のKさんは何か収穫があったみたいだ。巡視員の方々には暫く出合ってないが、原則日曜だけでメンバーも代わっているとの話だった。国定公園指定の絡みでは、巡視員は市から、木々は伐らずに自然の現状を維持するように言われているとか。それにしても、かつて沢山あったタニウツギやヤブデマリといった木々はどこへ消えたのだろうと、景観の変化に改めて感嘆。
[やまならし]
ML_SA3D0086.jpgSA3D0084.jpg

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。