So-net無料ブログ作成

現地報告 2015.4.27

新緑の中を現地へ向かう。大原の戸寺の先の大きな桜はまだ開花している。百井や大見の桜は見頃。
13:15,ニノ谷から入る。従来は気付かなかったが管理舎左側の建物に携帯電話の電波の範囲が掲示されている。フノ坂では柔らかそうなイヌブナの新緑、キブシが開花、イワウチワも咲くが 数が相当減ったようだ。市街地は夏日だが、木立に吹く風は涼しい。カラ類とキジバトの声が。
集水域へ入る。ブナ新緑、カエデも芽吹くがホウなどまだ芽吹いていない樹木も多い。ヒョー…とアオゲラらしき声。マユミなどに張られた鹿食害防止ガードは剥がれかけているものが。温度計付近のアセビの花は終わりかけ。ほんの30分程前に計測してくれた人がいたが、どうやら鉄芯を磁石で戻していないようなので再度現在データを記入し磁石を操作する。現在気温26.5℃。後ろの斜面を網で囲う準備をしている。スキー場付近もそうだが、冬季は雪による破壊を防ぐために網を外しているようで、作業する人々の手間や苦労を思う。時計廻りに周遊道を歩く。新心荘へ向かう途中にキンキマメザクラが開花。大杉ベンチでは作業の準備か支柱の束が。ガマズミが白い花を付ける。スキー場北ではアカゲラ2羽がけたたましく鳴きながら木を登っていく。乗越分岐ではツツピー…とヤマガラが。鹿は声も姿も無し。集水域南端の斜面にはスミレがたくさん咲いている。その付近の定点でいつものように展望風景を撮影。ヒヨドリが盛んに鳴く。
林道の下部で、むしられた動物の毛がまとまって落ちている。イノシシだろうか。出会った入山者は中高年3人組と中年の釣りをする方1人。この人には守る会や林道問題の簡単な経緯もお話しさせて貰った。
[2015.4.27 やまならし]
ML_SA3D0758.jpgML_SA3D0760.jpgML_SA3D0761.jpgML_SA3D0769.jpgML_SA3D0771.jpg

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0