So-net無料ブログ作成
検索選択

リニアへの危惧 2014.3

新聞によると京都府知事選で尾崎候補はリニアに関して、「不要不急の大型開発の典型。大量の電力消費を伴う無駄遣い」と明確に否定している。賛成である。東京大阪を企業戦士達が鉄砲玉のように飛んでいく姿など想像したくない。電磁波の不安もないのだろうか。
もし百歩譲って建設するとしても路線の設定は総合的な視野でされるべきだ。計画では奈良市付近を通るが、京都の政財界は京都を通ってほしいようである。だが京都を通したときのデメリットも考慮すべきではないか。リニアの輸送力が東京大阪間の需要を全て引き受けられるほどのものかどうか私にはわからないのだが、もしリニアが京都を通れば、東京名古屋京都大阪という主要区間の乗客は殆どリニアに移ることになり、もしかすると東海道新幹線は巨大な赤字路線になることはないのか。近年新幹線が建設されている北陸や九州東北などでは平行する在来線は第三セクターで運営する形が定着している。そこから類推すると将来は現行の東海道新幹線が第三セクターになり自治体などの税負担が生じる可能性はないのだろうか。新聞によると今のところJR東海は東海道新幹線も自社で経営する予定らしく、リニアが開通すれば現在の新幹線の「のぞみ」を減らすと言っている。しかしこれは奈良を通った場合の話であって、京都もリニアがカバーするようになって東海道新幹線が赤字になるようなことになれば経営分離の話も出てくるだろう。新幹線は貨物輸送に転用するに
しても深夜の騒音や点検の問題もあるだろうし、市街地から離れているから通勤路線に出来る部分も限定される。もしリニアをどうしても京都へ誘致したいならば、開通後もJR東海が新幹線と一体的に経営するという法制上の縛りをかけることが不可欠だろう。
(やまならし)
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。