So-net無料ブログ作成
検索選択

現地報告 2013.4.25

百井は桜が見頃。尾越から先の道路は荒れている。9時過ぎニノ谷から入り回遊道を一周。市の管理舎は「危険」と貼紙がありロープの囲いが。駐車場に他の車は無し。フノ坂はクロモジの花が見頃、イワウチワも少し咲く。フノ坂峠から集水域側はかなり間伐され見通しがよくなっている。集水域内はごく一部の樹木以外は芽吹が未だ。シジュウカラ、ヤマガラやウグイスの声、ホオジロの姿、キツツキのドラミングが。鹿を含めケモノの声や姿は無かった。アセビの花がよく咲いていて、藪がなくなり温度計付近西側の斜面にたくさんあることがわかった。現在気温13℃快晴。ケッケッ、カッカッとツグミの声が。都市近郊のツグミはどうしてあまり鳴かないのか?休耕田に黙って独り佇む孤高の姿にはどこか共感出来るものがある。南側の定点から撮影。笹は枯れ中央の松も倒れ文字通り「原」になりつつある。以前とは違った植生や景観に対して嘆くばかりではなく、ありのままの八丁平として受け止めていかねばならないのだろう。[やまならし]
ML_SA3D0365.jpgML_SA3D0369.jpgML_SA3D0367.jpgML_SA3D0368.jpg

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。